メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失 新規登録
アクセスカウンタ
今日: 5,278
昨日: 4,831
総計: 8,176,750
オンライン状況
39 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 潮汐予想 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ごとうんもん: 39

もっと...
携帯サイト

五島列島サイト - 3モバイル
五島列島サイトバナー
五島列島サイト - バナーダウンロード
潮汐予想


※港、日付の変更は潮汐表をクリックしてください。

  • 大潮(おおしお):潮の干満の差が大きな状態で、新月や満月の前後数日間のことを言います。
  • 小潮(こしお):潮の干満の差が小さい状態で、月の形状が半月になる上弦や下弦の前後数日間のことを言います。
  • 中潮(なかしお):大潮と小潮の間の期間です。
  • 長潮(ながしお):上弦、下弦を1〜2日過ぎた頃、干満差が一段と小さくなり、満潮・干潮の変化がゆるやかでだらだらと長く続くように見える小潮末期のことを言います。
  • 若潮(わかしお):小潮末期の「長潮」を境に大潮に向かって、潮の干満差が次第に大きくなってきます。 このように潮が再び大きくなる状態を「潮が返る」ということで長潮の翌日を「若潮」と呼んでいます。

一般的によく魚が釣れるのは大潮の時といわれています。これは大潮の時は干満の差が大きく、潮の流れが速くなります。潮の流れが速くなると、食餌行動が活発になるとされているからです。海底のプランクトンなどの微生物が潮の流れで動き、それを食餌する小魚などの小型の生物が活発になり、それを食餌する大型の生物も動き出すということだそうです。
貝掘りを楽しむ時も干潮の時間帯をねらって出かけましょう。
SunJava
Copyright© GOTOISLANDS 2007-20011