メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失 新規登録
アクセスカウンタ
今日: 2,654
昨日: 5,399
総計: 12,429,808
オンライン状況
7 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ヘッドライン を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ごとうんもん: 7

もっと...
携帯サイト

五島列島サイト - 3モバイル
五島列島サイトバナー
五島列島サイト - バナーダウンロード

ヘッドライン


五島の最新ニュース
  最終更新日
要旨 五島新報のホームページ http://www.gotosinpo.com/ をご覧になって頂きありがとうございました。 『本日の五島』を少しずつお伝えしたいと思っています。毎月2回発行の五島新報もぜひご購読下さいますようお願いします。
ウェブマスター
カテゴリ
作成 Chicappa! Blog
言語 ja
世界遺産登録推進協議会設立
公開:
要旨: 五島市世界遺産登録推進協議会が38の団体と個人で設立され、行政、所有者、住民の異なった立場の人々が、多様な参加と協力が行える環境づくりを目指し第1回協議会も同時に行われた。

8月5日、福江文化会館3階展示室で、33名の出席のもと設立され、役員選出、登録推進経過報告、活動方針が決定された。会長に、西村次三郎氏(学識経験者)、副会長に中尾郁子(五島市長)柿森誠(五島市観光協会長)の両氏が選出され、幹事として、商工観光・交通・教育文化・教会・町内会・行政その他の各分野から1〜2名ずつとして、下五島地区司祭代表下口勲氏ら8名も選出された。今後、幹事会を中心に活動を進めて行く。

 なお、設立の趣旨は、今ある遺産の保全を確かなものとし、多くの人の理解と協力が必要であり、行政、所有者、住民を横断的に結び、異なった立場の人々が自由に情報や意見交換を行い、多様な参加と協力が行える仕組みを用意する環境づくりのために設立し、世界遺産登録に向けて取り組んでいく、としている。
  もっと...
中西圭三氏がプロデュースー第3回五島音楽祭
公開:
要旨:  第3回五島音楽祭が、11月7日(土)8日(日)の2日間開催されることが決まり、この程中西圭三氏や喜一郎氏らが来島、市役所で発表があった。  
 「Woman]の大ヒットでも知られるシンガーソングライターで作曲家の中西氏は、昨秋の第2回五島音楽祭ゲスト出演を機に喜一郎氏らとともに五島市のふるさと市民に委嘱されたが、今回は、中西氏自らプロデュース役を引き受けて開催することになった。

 7日は前夜祭(入場料無料・500円のカンパ)で、島から生まれた音楽を楽しむ時間にしたいと、地元出身アーティストとアマチュアミュージシャンによるコンサート。
 8日の昼の部(前売2000円、子ども500円)は、親子で行くファミリーコンサートと題して、はいだしょうこさん(NHKおかあさんといっしょ番組で歌のお姉さんを5年間)と井上あずみさん(となりのトトロのテーマ曲など歌手)を招き親子で本物の音楽に触れる時間とし、三人で特別プログラムを予定。
 夜の部(前売3000円)は、中西圭三スペシャルライブと島出身のアーチストの出演で、盛りだくさんの企画を計画。音楽に止まらず、島全体を感じる音楽祭にしたい。会場の周辺など学園祭の雰囲気で一緒に盛り上げていきたいとして、島在住のアマチュアミュージシャンや、企画に参加したい人を募集している。(連絡先・Goーto72・7530担当出口)
 中西氏は、「五島の風や海の美しさに触れて、ニュートラルな気持に五島は立ち返られる場所だ。この自然そのものが音楽なのではないか。だから五島には音楽が流れていると感じた。五島の魅力の再発見と確認をして欲しい」と前回来島した時の印象を訴え、五島題材の新曲づくりに意欲を示した。


  もっと...
第1回マグロフェア、11月福江みなと祭で開催
公開:
要旨:
 8月5日、市飲食店組合、旅館組合、五島ふくえ漁協、詁本鮪養殖、金子産業蝓行政など10団体で五島産養殖マグロ食べてみらんかな検討会を発足。全国でもマグロの消費が少ない長崎県だが、マグロ消費の拡大のための第1回検討会が開催された。
 
 同会議では、飲食店に料理素材としての理解を深めてもらうことと、市民・観光客には、養殖マグロの美味しさと産地であることのPRを行うことを目的に、マグロフェアを年3回開催することや、ポスター・チラシで宣伝することを決めた。なお、第1回フェアは、10月2〜4日の福江みなとまつりで開催することを決め、準備に入っている。
  もっと...
五島コンカナ王国で、ワイン用ブドウ収穫
公開:
要旨:  8月6日、早朝から(有)鬼岳牧場(五島コンカナ王国関連会社・吉田茂視社長)では、長崎県内でも初というワイン醸造用のブドウの初収穫を行った。赤黒く色づいたブドウの房は、キャンベルアーリー種という生食兼用の早期収穫用の品種。2反5畝(約2500屐砲烹隠娃伊棔■廓前に植栽し初めての収穫。
 
 ブドウ出荷量は約1・3トン、720ml換算で1300本程度になる予定。今年は、ロゼのスパークリング(シャンパン)を200本、残りを赤ワインにする予定で、名前も赤は「五島の雫(しずく)」スパークリングは「プルミエ ラムール」(フランス語で初恋の意)と決まっている。
 
 当面は、同社系列のメモリードの全国の結婚式場などで利用する予定で、市販されるまでの量になるのは少し先のことのようだ、3年後、1万本程度製造できるようになれば市場に流通させたい。将来は、五島にワイナリーの建設も進め、地場産業の振興に繫げたいとしている。


  もっと...
アイアンマン地元から32名参加
公開:
要旨:  <span style="font-size:small;">6月21日に迫ったアイアンマン五島長崎大会だが、5月12日現在、国内選手1013名、海外選手165名、内女性選手107名。最年少20歳、最高齢は75歳。地元参加者は、32名(内女性3名)となり、その中で初挑戦は8名。
 なお、国内でのインフルエンザ問題に関連して、福江保健所関係から大会中止の勧告が出されたとして臨時総会が21日開かれ、29日に結論を出すことになった。保健所には事故のないように大会開催に協力して貰いたいものだが、、。</span>  もっと...
五島子牛5月せり、13.4%上昇
公開:
要旨:  <span style="font-size:medium;">5月13日、14日に五島家畜市場で和牛子牛の定期せりが行われた。枝肉市場価格はやや低迷しているなかだが、出場成立頭数536頭で、取引価格は、2億1千2百万円、前回比113・4%と平均価格は上昇した。平均体重とキログラム単価は、雌267キロ・1296円、去勢287キロ・1499円。</span>  もっと...
椿園で緑化推進行事
公開:
要旨:  <span style="font-size:small;">緑化推進運動の一環として「森林(もり)のつどい」が、5月16日、五島市椿園で開催された。主催は五島市と五島市緑化推進協議会で、富江や本山地区の緑の少年団や、崎山保育園園児など関係者も含めて200人ほどが集まった。3本の大きなつばきの植樹を終えたあと、花のポット移植や水鉄砲作り、園内を巡るウォークラリーなど自然の中で楽しんだ。

 なお、今年の10月4日には、雲仙市で第33回全国育樹祭が行われる予定で、約6000人の参加が見込まれており、7月7日まで参加者を募集している。095・895・2971</span>  もっと...
主張
公開:
要旨:  <span style="font-size:medium;">弊紙60号「えんばの眼」にて、日本一高いと再び言われてほしくないと九州商船航路運賃について触れた。県内選出の国会議員や県知事が離島航路の料金を大幅に割引実施させると公言しているのだから、1000円高速に負けずに、せめて国や県に力になって貰って九州商船が休日割引でもできないのか、と考えてのことだった。

 が、佐渡は違った。全国離島で初めてとなるETC割引に独自に便乗し(以下本紙61号)</span>  もっと...
島の宝100景
公開:
要旨:  <span style="font-size:small;">国土交通省都市・地域整備局が昨年10月から募集していた、『島の宝100景』の選定結果がこの程発表された。

 それによると、全国から547件、149島の応募があり、その中で長崎県がトップの14、続いて鹿児島12、沖縄11などで、五島列島では、宇久島から福江島まで8島8件が選ばれ、今後維持されるべき島の宝としての認定を受けた。
 なお、審査委員は、島の写真家加藤庸二氏、島のフリージャーナリスト齊藤潤氏ら7名。

宇久島・島から育て高級和牛
小値賀島・島のお母さんとの別れ
頭ヶ島・頭ヶ島天主堂
中通島・アゴ(とびうお)干し
若松島・キリシタン湾洞
黄島・黄島港「石積みの堤防」
椛島・大漁祈願。椛島神社例祭「宝来丸の曳船」
福江島・念仏踊り「チャンココ」</span>        
  もっと...
宇久町・浜方ふれあい館に1000人目
公開:
要旨:  海士と捕鯨文化の里「浜方ふれあい館」(土日祝日開館・200円)が、宇久町観光協会が中心になって、海士と呼ばれる鮑漁師や捕鯨で栄えた歴史を紹介する民間資料館として、昨年4月20日オープン。約1年過ぎた5月2日、入館者1000人を達成。
 
 1000人目となった平松利恵さん(福津市在住)は、宇久町観光協会の畠中辰秀副会長より認定書と記念品を贈られた。平松さんは、宇久町観光協会が進める、福岡と宇久の交流事業「宇久寺子屋塾」の関係者であり、当日も福岡の坂本そろばん暗算教室(福岡県春日市)と宇久町の網田書道教室の子供達との交流事業のために来島していた。
  もっと...
Copyright© GOTOISLANDS 2007-20011